麻布十番新聞は麻布の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

8/25(土)&8/26(日)開催!!「第52回 麻布十番 納涼まつり」の楽しみ方

DSC08635

◎今年の納涼まつりは

今年もやってきました、毎年恒例「麻布十番 納涼まつり」!

今回は第52回、開催は8月25日(土)と26日(日)です。

今年は麻布十番商店街と地元坂下町会が実行委員会を結成し、より地域に根ざしたお祭りを目指すこととなりました。

従来の納涼まつりらしさを保ちつつ、例年と少し違ったお祭りになるかもしれません。

祭りの内容を簡単に紹介しましょう。

DSC08631

☆組合員手づくりの出店200店…麻布十番の歴史と伝統を支えてきた老舗や、気鋭の名店が、それぞれ工夫を凝らして出店

☆全国からのお国自慢50店…北海道から九州まで、一度は味わいたいお国自慢の品々が勢揃い。麻布十番で故郷の名産が味わえるかも

☆麻布十番青年会「ふれあい子供広場」…綿あめ、射的、金魚すくい 、ヨーヨーつり、かき氷などの夜店を子どもと一緒に楽しもう

☆ステージ10-BANG…昼の部は子ども向けのステージ、夜の部はバンドやダンスなど、熱気あふれる多様なステージ

☆お囃子…宮韻勢納連社中、十番囃子子供連の出演で、演目は獅子舞・玉すだれ・伊勢音頭・ かっぽれなど。4時半スタート

DSC08632

 
◎トラブルを避けて楽しもう

麻布十番納涼まつりは、約300店の屋台がならび、1日につき15万人が来場する盛大なお祭りです。

トラブルを避けて思いっきり楽しむには、ちょっとしたコツが必要かもしれません。

まずは情報収集!

DSC08636

お祭り当日、交通規制のある通りは14:00から車両通行止めとなります(21:30に解除)。

その間、通りは歩行者天国です。

非常に混雑するので公共交通機関を利用しましょう。

ただし、混雑状況によって、開催時間中、地下鉄出入り口は 閉鎖される場合があります。

会場内は禁煙、ゴミはできるだけ持ち帰るルールです。
 

納涼まつりは、エリアでいうと大きく4つに分かれています。

麻布十番大通り…地元商店の出店と地方自治体の特産品の屋台がならぶ

綱代通り(公園)…子ども向けの縁日や、座って休める公園がある

パティオ…寄席や音楽などのイベントが行われる

雑式通り(パティオ方面)…東北の自治体の屋台が地元麻布の屋台とならぶ

混み合う時間帯は、一番賑わう「麻布十番大通り」を避けて、ほかのエリアをじっくり見て回るというのも1つの手かも。
 

ここで麻布十番新聞で取材したお店の中からぜひ足を運んでほしいおススメ店舗を紹介しますね。

★テイクアウトに「鳥章」の絶品焼き鳥はいかが?

★いなりずし専門店の「呼じろう」

★日本一の腕をもつバーテンダーがいる隠れ家的バー「BAR CENTIFOLIA」

★希少価値の高い牧草牛の販売&プチレストラン「Saito Farm 麻布十番」

お祭りですから、記事で紹介した普段の顔とは、ちょっと違う表情がみられるかもしれませんよ

※お祭り期間は営業時間が異なる場合があります
  

お祭りの撤去は21時ごろからテキパキと行われます。みんなが一斉に帰りはじめると、混雑で身動きがとれなくなる可能性も。

そんなときにオススメなのが、創業百年を超える老舗の銭湯「麻布黒美水温泉 竹の湯」です。

東京エリア特有の黒湯という種類の温泉ですが、銭湯の料金で入ることができます。

23時まで入場できて、タオルセットやシャンプーなども販売。

いいお湯につかってさっぱり気持ちよくなってから帰途につくというのも、納涼まつりのオツな楽しみ方のひとつかもしれません。

みなさん、家族や友だちを誘って、ぜひ遊びにきてくださいね!

 
ライター Sawa

************************************
第52回 麻布十番 納涼祭り

8/25 (土)・8/26(日)の二日間開催

Share (facebook)