麻布十番新聞は麻布の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

2世代で秘伝の味を提供し続ける 「鳥章」の絶品焼き鳥

088A0404

麻布十番商店街で41年(2018年現在)の長きにわたって焼き鳥屋さんを営んでいる「鳥章」。

テイクアウトのみの店にも関わらず、いつもの味を楽しみに足を運んでくれる常連のお客さんがたくさんいます。

今日は常連のお客さんでも知らないような昔話を聞かせてもらいました。

088A5282

鳥章は昭和52年の創業。41年の長きにわたって焼き鳥屋さんを営んできただけあって、昭和っぽい昔ながらのお店の佇まいが、なんだか古き良き時代を懐かしく思い出させてくれるような気がします。

088A5366

店先に並ぶ、あたたかみのあるオレンジっぽい灯りのちょうちんがトレードマーク。風情がありますねぇ。
あ、お客さんです…備え付けの用紙に何か書き込んでいますね。

「注文お願いしまーす」

「はい、ただいま! えーっと、つくね・タレ・2本に、鳥もも・塩・4本ですね!」

へぇー、注文を紙に書いて手渡すシステムになっているんですね。

麻布十番新聞
さてと。こんばんはー。お約束していた編集部の者です。お話を伺いに来ました!

郁男さん(だんなさん)
どうぞいらっしゃい

裕美さん(おかみさん)
お母さーん、この人? 取材したいって……。

孝子さん(おばあちゃん)
うん? そうねー、たぶん……、

(2日前に挨拶したのに、覚えてもらえてないっ。泣)

088A5345

圭汰くん(お孫さん)
ばぁー、ばぁぁー。

麻布十番新聞
あ、かわいいっ。外からだと気付かなかった。お店でお孫さんと一緒に過ごせていいですね。

孝子さん
まだ幼稚園や保育園にいく歳じゃないからね。預かってくれるかもしれないけど、連れてってお願いするのも大変だから、ここで一緒に。泣いた時は散歩に連れていったりもできるし。

(おばあちゃん、嬉しそうではあるけど、孫にデレデレってわけじゃないんだな…?)

088A5285

奥にいるのは、おじいちゃんかな? どうも、こんにちは!
職人堅気の無口な感じかな?・・・と、思ったら。

七朗さん(おじいちゃん)
いらっしゃい、よく来たね。

088A5313

話してみたら、やさしいおじいちゃん。カメラが趣味なんだそうです。

出迎えてくれた鳥章の新看板・若夫婦の裕美さんと郁男さんは、店先で焼き鳥を焼いています。ひっきりなしにお客さんが来て、すごく忙しそう。

088A5333

だんなさんの郁男さんは、脱サラして、会社を辞めた翌日には、もう鳥章に就職していたんだって。最近まで現役だったおじいちゃん・おばあちゃんと代がわりして、いまは夫婦で仲良く焼いているんだそうです。

元はというと
おじいちゃん・おばあちゃんの代になってからは41年だけど、ここはそれ以前からもともと焼き鳥屋さんだったのだそう。「焼き鳥屋をやる」と決めたのは七朗さんだけど、白羽の矢が立ったのは孝子さん。仕事を辞め、先代に焼き鳥屋の仕事を習いながら1年ほど働きました。

しだいにご主人の七朗さんも脱サラ。以来、ずっと2人で鳥章の味を守り続けてきました。

茂雄さん
勤め人、普通のサラリーマンだった。もともと焼き鳥屋をやりたいと言っていたのは、うちの兄なんだけどね。なんだかんだで、結局こういうことに……。

20180219172028-0001

20180219172028-0002

孝子さん
私は世田谷で育って、高校を出て就職もした。三菱重工で7年半働いて、そのあと職業訓練校で和裁の勉強をして、そこで教える側にまわってほしいと言われてね。だから、和裁の先生をするはずだったんですよ。それなのに…お父さんが、焼き鳥屋をやるって言い出して。もう強引でね。

2人ともサラリーマンで、いまごろ定年で年金暮らしをしていたかもしれないなんて・・・まったく想像がつきません。ほんとに「人生って、わかんない(孝子さん談)」ものなんですね。

20180219172028-0003

新看板の裕美さんの幼いころ

昔はお店の裏は空き地だったそう。今となっては貴重な1枚です

20180219172028-0004

それから40年以上が経ち、鳥章さんが入っている長屋も建て替えの時期なんだとか。まさか、それに伴って店を閉じるなんてことは・・・!

孝子さん
娘夫婦がね、この店を続けたいんだって。自分たちは、一歩下がって見守る立場。自分の意志で進んでほしい。夫婦で考えて、もしやりたいなら、それでいい。

あーそうか。お孫さんの育て方も、お店のことも、娘さんたちが自分で決めればいいこと。余計なことは何も言わない。それがお2人の親ごころなんですね。素敵だなぁ。

裕美さん
お客さんと直接やりとりして、その場で喜んでもらえる仕事って楽しい。生まれたときから親の仕事を見てきたのに、それに気づいていなかった。この店には、ご近所や遠くの引っ越し先から、もう40年近く来てくれているお客さんがたくさんいる。大事にしていきたいと思う。

088A5300

いちファンの勝手な思いとして、いまの茂雄さん・孝子さんみたいに、お2人が仲よくずっと店を続けてくれたら嬉しいなぁ。

ライター Sawa

************************************
鳥章
住所 麻布十番2-12-9
TEL 03 3451 5067
定休日 月曜日 火曜日 (定休日はお間違いないように)

Share (facebook)